「ほっ」と。キャンペーン

思いついたことを思いついた日に書き留めます


by samiesamie

関東東北大震災

私にとって2度目の大きな地震。
1度目は、関西淡路大震災。震源地からちょうど今の住居くらいの距離で遭いました。

でも、今回はもっと凄まじい。
何より津波。すべてを飲み込んで、すべてを破壊していずれともなく姿を消す。

幸い、私は、津波にあうこともなく、職場の机の下にもぐりこんで、目の前で棚からの落下物に椅子が襲われるのをただただ呆然と眺め、つづく揺れの中で小さくなるだけで終わりました。
職場と自宅が近かったこともあり、交通が麻痺した中、バスと徒歩で3時間弱の時間で帰宅ができました。

そして、今、計画停電のなか、買いだめパニックのなか、放射能パニックのなか、変わらない日常を送っています。

震源地近くの被災地の皆さん、続いて揺れた長野、静岡の皆さん、負けないでください。
皆さんに比べたら不自由なことはずっとずっと少ないけれど、節電や交通の麻痺のなか、毎日の経済活動に貢献できるようがんばります。
だから、負けないで。
多くの人が皆さんの無事を祈っています、待っています。
どうかどうか、生き延びて、大切な人に笑顔を見せてあげてください。
関東やほかの地区にいる私たちは、今をどんなに不便でも、被災地のみなさんを思ってがんばりませんか。
日常品を買いためたって、今度余震が自分の家近くが起こってしまって水没したり火事で燃えてしまったって、ただ勿体無いだけとは思いませんか?
「必要以上」という基準は人それぞれだと思います。だから、今必要かなー?と思うものをひとつ、買い控えませんか?
そうしたら、そのひとつが被災地への支援にならないでしょうか?

私、今日、実は泣きました。
バスの中でぽろぽろぽろぽろ、涙が止まりませんでした。
いい大人なのに。
だってね。毎日すごくストレスフルです。いつ余震が来るか、いつ停電があるのか、仕事の納期は間に合うのか。でも食事や通勤はものすごく心細くなってきていて、頼れるはずのパートナーも自分の仕事のことばかり。
そこで、私も自分のことばかり。周りを見渡すと自分たちの分さえ安全が確保できればよし、とでも言いそうなまとめ買いをしている人たちばかり。
疲弊しきって、本当にそんな風にしか思えなくなってしまうんです。

私の住んでいる地区は被害も無く、計画停電と若干の余震のみで本当に平和なんです。
だけど、ほんの少し、物資が足りていなくて電気も被災地に送らないといけなくて、やっぱりちょっとだけ非日常なんです。
でも、みんな被災者なんです。
自分よりもさらに大変な目に遭っている方々を優先して助けてあげましょう。
だから、余力のある人は震源地近くの人に手を差し伸べてください。
節電、買い控え、できることから。
そして今このときも現地の発電所復旧・人命救助・復興のために命を掛けてがんばっておられる方を忘れずに居たいと思います。

最後に今日聞いたすごく簡単ででもとても大切な言葉を紹介します。
「いまは みらいに つながっている」

がんばれ、わたし。がんばれ、みんな。
[PR]
# by samiesamie | 2011-03-17 19:55 | ● 当り障りのない日記

おしらせ

ここはしばらくお休みします。
またね☆
[PR]
# by samiesamie | 2008-12-12 01:27 | ● 当り障りのない日記